ポッケ

チラッ
アニキ

気にしない

娘の遊びに巻き込まれている事にまだ気づいてなさそうなポッケ。
ンベンベ
 
気づいた・・?
・・・。
 
そっか、気にしないか~
?

娘がポッケに「聞いててね」と言って、おもちゃのピアノでねこふんじゃったを弾き始めて笑ってしまった。
何この歌・・
 
大人しく聞いてあげているポッケ。何を思う。
・・・。

ポッケ先生

娘の宿題を見てくれているポッケ先生
・・・。
 
・・・と思いきや思いっきり邪魔してた。
ちょいちょい
 
娘、全然集中できない・・。
この棒気になる
 
勉強どころじゃないよねぇ。
ちょっと貸してみ?
 
ポッケ先生、ほどほどでお願いしますね。
えー

参加

娘が出してきたぬいぐるみ・・ではなくポッケ。
・・・。
ちびすけ何やってんだ?
お、ごはん?
ポッケ、おままごとに付き合ってるみたいに見える(笑)
それにしても・・部屋散らかしすぎィィ!

優しさ

ポッケは私が知りうる限りで最も優しい猫である。
ポッケと暮らして10年、今まで一度もポッケによる引っかき傷や噛み傷が私や夫の体についたことがない。
やめて欲しい時は甘噛みで教えてくれるし、遊んでいる時に手を出しても爪は出さない。
 
そんなポッケだけれど、娘に対しては私や夫に対するよりも更に優しいように見える。
甘噛すらしたことないと思う。
寝れない
わ、分かったから
今日は娘がポッケに一生懸命話しかけていて、ポッケは逃げる事もなくただ話を聞いてあげていて、なんか和んでしまった。
(・・赤いやつから退きたくなかっただけかもしれないが)