ポッケ

チラッ
来客

来客

今日はポッケの事が好きな娘の友達姉妹が遊びに来て、写真を撮ったりポッケとたくさん遊んだりしてくれた。
猫の扱いが上手で優しい子達だったからか、ポッケの警戒心がほとんど無かったように見えた。
~♪
おっ、シャカシャカする?
てい!てい!
私よりも、おもてなし上手なポッケだった。

来客

ハッ‥ 足長く撮ってね! かっこよく撮った? 最初こそ客人の持ち物の匂いを嗅いだりしてたけれど、床暖房を付けていた事もあってすぐに床にゴローン&うとうとしはじめたポッケ。 くつろぎすぎだろう・・ってくらいくつろいでて笑ってしまった。   詳細はまた後日!(年明けかな?) ]]>

その後甥の予想不可能な動きにビビりつつ一定の距離を保っていた。 よく分からないけどちょっと離れておこう 甥がハイハイで近づくとポッケは一歩下がり、甥が笑うとポッケは目を見開き、それでも気になるのかずーーーっと甥から目が離せないみたいで甥の一挙一動を見ていた。 私達とは違うイキモノに見えたのかな? ちなみに私はこの甥にメロメロである。]]>

来客

*

けれど、たくさん遊んでもらって楽しそうだった。 よいしょっと ポッケなりにサービスもしてたように思うw

*

ところで昨日の動画へのコメントで「最後にしっぽで空気を拡散・・」と書いてくれた方がいて、改めて見たらそういう風にしか見えなくなって笑ってしまったw]]>

来客

彼女が帰る際、またねーと言われながら顔をモフモフされて気持ちよさそうにしていた。 んふー]]>

来客

そして宴会スタート。ポッケも一応参加している。 とりあえず毛づくろい 相変わらずみんながいるうちは猫かぶって一言もしゃべらなかったけど、特に隠れてしまうわけでもなくおとなしくしていたポッケ。 なんか楽しそうだから一応居よ]]>

母、来襲。

飼い主の母。 どちら様で・・? 私の母は前からポッケに会いたいと言っていたのだけど、田舎からなかなか上京する機会がなく、今日やっと初対面。ポッケを見て「写真より小さいねー」と言っていた。 最初は距離を取っていたポッケだけれど、好奇心に勝てず母に近付きニオイを嗅ぎまくっていた。 母、歓喜。 ]]>