ポッケ

チラッ

どんぐり

ポッケの前でどんぐりを並べ始めた娘。
最初は「興味ないですー」な感じのポッケだったけれど・・
どうせ食べられないんでしょう?
 

4個目で好奇心に負けてしまった。
でもちょっと匂いかいでみよ

この後、匂いを嗅ごうとして鼻でどんぐりを倒す→娘が直す→鼻で倒す・・を繰り返したため、娘に全部回収されてしまったのであった。

ささみ待ち

お手?おかわり?ちんちん?

何でもするから早くササミうぉぉ・・!

私がササミをチンしている事にいち早く気づいたポッケ。娘に気づかれないように静かにキッチンゲートの前に立ったけれど、ほぐしている間にグルグル喉を鳴らす音で気づかれてしまい、結局二人で奪いあいながら食べることに。笑

引き出し

何かゴソゴソ音がするなーと思って見てみたら、少しだけ開いていたと思われる引き出しでポッケが何かしていた。
ここをこうして、ここはこうして・・
 

あまりに夢中になっていたから放っておいて後でもう一度見てみたら・・
いい感じ♪

寝床を作っていたらしい。